手作業翻訳版 - 総合トップ
日本語 English 中文 한국어
知的障害 : 精神病理学・精神疾患研究 : 岩崎純一のウェブサイト
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動
※ スマホ、ケータイ向けレイアウトの初期設定では、「▼現在のページの本文」タブのみ開いております。

知的障害

精神医学的定義
精神医学的定義の概要
罹患者との個人的交流
「岩崎式日本語」にまつわる個人的交流
参考文献

精神医学的定義

 ICD-10 : F70-F79 知的障害〈精神遅滞〉 (Mental retardation)
 DSM-IV-TR : 1.1 精神遅滞 (Mental Retardation)
 DiseasesDB 4509, MedlinePlus 001523, eMedicine med/3095 neuro/605, MeSH D008607 : 精神遅滞 (Mental Retardation)

精神医学的定義の概要

 知的障害は、ICD-10、DSM-IV-TR共に、軽度、中等度、重度、最重度に分けられている。DSM-IV-TRでは、「1 通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」の一つである。

「知的障害」の語に比べて「精神遅滞」の語のほうが、忌避されたり古い語であると誤解されたりする例が見られるが、原語の「Mental retardation」は、本来「精神遅滞」と訳されるべきものであり、とりわけDSMの精神を反映している訳語はこちらである。

 医学用語としては「精神遅滞」、学校教育法では「知的障害」が主に使用されている。学校教育法において「精神薄弱」に代わり「知的障害」の語が採用されたのは、1998年のことである。

罹患者との個人的交流

 知的障害者の方々との交流は、私が子供の頃からあると言える。今でも一緒に遊んだり、軽度の方とはメールを交わしたりしている。この知的障害と別項の発達障害の方々については、男性との交流のほうが多い。

 かつては、「知恵遅れ」という言葉があったが、これは現在のあらゆる精神病、精神障害、人格障害、知的障害、発達障害を含みうるような、極めて曖昧な語であった気がする。現在では、差別用語であるとして忌避されている。

 そもそも「精神遅滞」を「知的障害」と同義とするためには、「精神の遅滞」が「知能の障害」であることが言えなければならないはずであるが、日本においては深い議論が行われないまま、「知恵遅れ」などの用語との関連もあって、「遅れ」のニュアンスが避けられ、学校教育法のみならず、国民の日常用語としても「知的障害」のほうが多用されている。しかし、国際的に通用するのは、“Mental retardation”の訳語としての「精神遅滞」のほうである。

 もっとも、このような訳語の調整などは、医学がおこなっている場合よりも、行政・司法・教育者の側がおこなっていることが多いわけである。ともかく、医師でない限り、あるいは純粋に同じ人間どうしとして接する限り、知的障害の精神医学的・法学的な訳語と定義は知的障害者との交流の妨げになることもあるということは、常々感じてはいる。

 さすがに私も「知恵遅れ」の語の復活論者ではないが、訳語は「知的障害」でも「精神遅滞」でもどちらでもかまわないと考えている。しかし、できれば、「精神遅滞」に戻してほしいと思っている。

 なぜならば、「精神遅滞」というのは「心の遅れ」という意味ではあり得ないからである。文学的・比喩的な意味ではなく、辞書的・言語学的な意味としてそうである。英語の「mental」というのは、「精神の」であって「心の」ではないのだから、「精神が遅滞」していても「心が遅れていない」場合があるのである。

 そのような考え方を日本の知的障害者観の中心に据えてもいいくらいであるというのが、私の意見である。

▼ 私がご相談を受けて交流してきた、精神・身体症状共感覚その他の特殊知覚・症状を持つ女性が入居者の多くを占める、シェアハウス型の女性寮のサイトです。
 女性に特有の症状・知覚については、女性スタッフおよび寮生に解説をお願いしています。
 →→ ●精神・身体症状、共感覚、その他の特殊知覚・症状の解説の分担などについて

シェアハウス型特殊女性寮 コンフィデンシャル・レディース東京(Confidential Ladies Tokyo)

「岩崎式日本語」にまつわる個人的交流

 知的障害者は同時に言語障害者である場合が多いため、日本語そのものを話せない方々が多く、知的障害者の中に岩崎式日本語の使用者はいらっしゃらない。ただし、何人かの軽度の知的障害者の方々とは、一般の現代日本語で交流させていただいている。

参考文献(精神疾患研究のトップページに挙げた文献以外)

Kalachnik, JE.; Hanzel, TE.; Sevenich, R.; Harder, SR. (Sep 2002). "Benzodiazepine behavioral side effects: review and implications for individuals with mental retardation". Am J Ment Retard 107 (5): 376-410.
Daily DK, Ardinger HH, Holmes GE (February 2000). "Identification and evaluation of mental retardation". Am Fam Physician 61 (4): 1059-67, 1070.