手作業翻訳版 - 総合トップ
日本語 English 中文 한국어
超音波知覚者コミュニティ東京 : 岩崎純一のウェブサイト
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動
※ スマホ、ケータイ向けレイアウトの初期設定では、「▼現在のページの本文」タブのみ開いております。

超音波知覚者コミュニティ東京
The Community of Perceivers with Ultrasonic Auditory or Synaesthetic Abilities in Tokyo
(COPULASA-Tokyo, コピュラーサ東京)

コミュニティ紹介

 当コミュニティは、動物駆除効果を謳う装置や自動ドアセンサー、駐車場のパーキング・メーター、自動車の超音波センサーなどから発生している人工超音波が聴覚・五感や共感覚で体感できてしまい不快感を覚えている鋭敏な人々が、お互いに報告・協力し合うコミュニティです。

 若者撃退・治安対策などを名目として設置されているモスキートなどの機器(元より可聴音として聴かせることが目的の音響機器)のみならず、むしろさらに高い音域の超高周波・超音波を発する機器(人間に聴こえないことを前提して製造・輸入・販売・設置されている音響目的外の機器)を中心に扱っています。

 代表の私(岩崎純一)は、20kHzを超える超音波を聴覚・身体感覚・共感覚で知覚しており、報告マップを作成し、コウモリの超音波の研究者などと共に超音波装置の存在を検証しています。メンバー募集中ですが、学術的に妥当でない主張をする人物や団体の参加は拒否します。

 ただし、コミュニティと言いつつ、ほぼ毎回「どなたか一人か二人と代表者の私(岩崎)」の二・三人程度での散策活動になっています。コミュニティとこのサイトは岩崎の私費で運営しておりますが、外部の方がご提供下さった情報も許可を得て掲載している場合がございます。

(当団体は、あくまで東京都民を中心とする任意学術団体・サークルであり、公正取引委員会・消費者庁・東京都・東京都の各自治体とは関係がございません。)

「超音波知覚者コミュニティ」は、2013年4月より「超音波知覚者コミュニティ東京」に改称しました。(都心部における超音波探索に重点を置くため。)



【注意勧告】当コミュニティが疑似科学団体や電磁波攻撃・テクノロジー犯罪被害者団体と友好関係にあるかのように紹介されている事例に対する注意勧告、および統合失調症や妄想性障害の既往歴・現病歴の確認のお願い

●このコミュニティにご関心を持たれた方は、まず統合失調症や妄想性障害という精神疾患の既往歴・現病歴がないかどうかを確認して下さい。ある場合は、このコミュニティにご参加いただけません。治療に専念されることを強くお勧め致します。

●このコミュニティは、元より電磁波ではなく超音波を扱う学術コミュニティであり、疑似科学やテクノロジー犯罪被害を扱う場でもございません。このコミュニティおよび岩崎純一のウェブサイトにリンクを貼っていらっしゃる一切の疑似科学団体やテクノロジー犯罪被害者団体とは関係がございません。

 このコミュニティは、これらの団体が主張する一般国民をターゲットとするテクノロジー犯罪のほとんどが存在しないという立場であり、また実際のところ、テクノロジー犯罪被害を主張する多くの方々が、統合失調症や妄想性障害であると診断されています。
(ただし、ブログ記事「米国の諜報活動(米軍・NSA・CIAなどの通信監視計画「PRISM」を例に)」で紹介したような、実在が内部告発されたことを機に日本でもNHKなどによる報道で言及された既存の諜報活動は除きます。)

●以下のブログ記事もご参照下さい。
疑似科学にまつわる懸念 ― 疑似科学ではない超音波知覚と疑似科学である動物駆除超音波装置を例に ―
超音波知覚やモスキート音知覚に関するリンクのメモ(ネット上の相談やまとめ、超音波発生装置に害虫除け効果が認められないことを検証した科学実験など)

東京近辺でモスキート音が聞こえる場所(NAVERまとめ)にて当コミュニティが紹介されています。(現在、リンク切れ)