岩崎純一学術研究所 芸術団
岩崎純一学術研究所 東京本部岩崎純一学術研究所 東京(武蔵野)支部岩崎純一学術研究所 岡山(吉備)支部巫女神道吉備派、巫女歌道吉備派岩崎純一学術研究所 女性局

岩崎純一芸術団(Iwasaki Junichi Art Group、IJAG)


芸術団の概要と構成メンバーの特徴、メンバー・上演者一覧

●岩崎純一芸術団は、岩崎が展開している総合芸術理念(西洋芸術と東洋・日本芸術の融合の手法)に基づき、岩崎の芸術作品の有形化への協力や上演(モデル、被写体、モチーフ、演奏、舞踊、演技、台詞、歌唱など)を担当しています。旧 IJ Art Music は、引き続き音楽部門として芸術団の一部を構成しています。

「総合芸術」とは、もちろん一般には、「文芸、音楽、絵画、造形芸術、身体表現などの融合芸術」を意味します。しかし、それと同時に、西洋人が自然に(人間中心主義や現代のような科学文明によらず、大地と調和して)この芸術様式を成したのは古代ギリシャ時代で、これは岩崎が専門とするニーチェが見抜いて論じています。かつ、「総合芸術(Gesamtkunst)」の語そのものを最初に生み出し、古代ギリシャへの回帰を目指したのも、ニーチェが賞賛し、岩崎も論じているワーグナーです。

 岩崎も、古代ギリシャの芸術世界(および、元来その再興の試みであるオペラ・楽劇)を西洋芸術の最上形態と見ています。しかし、そもそも和歌の歌会・歌合や能楽など、日本の総合芸術や東洋の諸芸術・思想が、西洋の総合芸術に匹敵するか、これを上回る総合芸術性を有すると見ているのであり、一層日本的・東洋的な総合芸術を目指しています。芸術団としては、ここに日本女性の身体性を融合させた女性共同体芸術としての総合芸術を模索しています。

●芸術団メンバーのほとんどが女性であることから、現在は女性局と一体となっており、女性局東京本部女性局武蔵野支部女性局吉備支部の集合体として運営されています。一応は、武蔵野支部の所属となっています。

●主に下記のメンバーにより構成されています。
 ▼岩崎の芸術作品(交響楽、協奏曲、幻想曲、巫女舞、バレエ、音楽劇、舞台劇、歌劇・オペラなど)を上演した巫女、バレリーナ、モデル、女優、演奏者、歌手、一般女性たち
 ▼その他の協力者の方々

●芸術団メンバーを含む全上演者(東京、岡山中心)の一覧は、以下をご覧下さい。
 ▼岩崎純一の芸術作品の上演者一覧

岡山県バレエ連盟傘下バレエ団のバレリーナ(写真)、同連盟不参加の岡山のバレリーナ、東京のバレリーナ、神社本庁系神社神道(岡山県護国神社など)に奉仕する巫女神道の巫女(写真)、教派神道(黒住教、金光教)に奉仕する巫女神道の巫女など


芸術団の拠点と上演会場

●拠点は東京本部武蔵野支部吉備支部女性局に同じです。

●主な上演会場は以下の通りです。
 ▼女性局が設置されている東京都・関東圏の女子寮、女性専用シェアハウス、心身症女性専用シェアハウス、DV被害女性シェルターの中小ホール、特設舞台
・・・防犯・防音設備が強固で、エントランスホールや中小ホールをそのままメインの舞台として使用でき、舞台セットの設置も容易であることから(共用スペースや各個室からの持ち込み可)、現在は7~8割の作品がこれらの会場で上演されています。ナイトガウン聖女悲劇、ネグリジェ悲恋舞台劇シリーズや、ダンス、パフォーマンス、シンセサイザー関連作品が代表的な上演作品です。寮生活、間取りと設備、インテリアそのものを舞台として、一日かけて上演されることもあります。ヌードバレエやヌードオペラは必ずこれらの会場で上演されます。(女子寮として、自治体、警察などへのあらゆる届出が完了していることを利用できるため。)
 ▼岡山県内の神社、巫女神殿
・・・巫女舞、日本舞踊関連作品の上演が中心です。『刻燈』や『月花欄干』、『夜半の眺め』、『冬、五つの幻想』などの大規模・長大総合芸術(いわば日本的楽劇)は、巫女神殿における代表的な上演作品ですが、最近は吉備支部の縮小に伴い、上記の女子寮などに移行しています。
 ▼国民文化祭、岡山後楽園、岡山市民会館、倉敷アイビースクエアなど
・・・バレエ作品の上演が中心です。多くのバレリーナは、普段は岩崎純一芸術団の直属でなく、岡山県内のバレエ団・バレエ教室からの出演となっていますが、他の芸術グループへ出向してはならない旨の規定がないバレエ団に所属するバレリーナは、所属バレエ団とは無関係に岩崎純一芸術団に参加しています。


芸術団の担当・協力内容

【2系1群】岩崎の【2系2~9群】の芸術作品の解説

【2系1群1類】『岩崎純一全集』第十~十九巻に関する資料(巫女神道など)


【2系1群7類】『岩崎純一全集』第七十~七十九巻に関する資料(岩崎の交響楽、巫女舞、バレエ、音楽劇、舞台劇の上演など)


【2系1群9類】『岩崎純一全集』第九十~九十九巻に関する資料(岩崎との歌会・歌合、文学会など)


【2系2~9群】岩崎の交響楽、協奏曲、幻想曲、巫女舞、バレエ、音楽劇、舞台劇、オペラ・歌劇、美術、造形芸術、写真など

●音楽は現在、岩崎・IJAIのYouTubeチャンネルにて、全曲を無料でお聴きいただけます。
(音質は販売版よりも落としてありますが、全曲を無料でお聴きいただけますし、ご購入はご希望者のみの寄付程度にお考え下さい。)

●これらの音楽が、岩崎のあらゆる総合芸術に用いられています。岩崎の芸術活動はほぼ音楽から始まったと言え、この音楽レーベル「IJ Art Music」は現在も芸術団の音楽部門として活動しております。

岩崎・IJAIのYouTubeチャンネル
IJ ART MUSIC

  • ●上記が重たい場合、試聴版を【2系2群】のページでお聴きいただけます。
    (音質は販売版よりも落としてありますが、YouTubeにて全曲を無料でお聴きいただけますし、ご購入はご希望者のみの寄付程度にお考え下さい。)


ヌード芸術の扱いについて

●岩崎純一芸術団(IJAG)のヌード芸術は、女性局が管理する著作物として扱われております。

●ここでいうヌード芸術とは、ヌード演奏、ヌード巫女舞、ヌードバレエ、ヌード音楽劇・舞台劇、ヌードオペラ・歌劇、ヌード美術、ヌード造形芸術、ヌード映像、ヌード写真などを言い、創作者別に岩崎式十進分類法(IJDC)の通りに分類されます。岩崎が創作した著作物・芸術作品のうち「ヌード可」などの指定を全部または一部に含む作品や、現行法においてはヌードと見なさざるを得ない伝統的な振付を伴う巫女舞から、女性たちがヌード上演を行うために改作した岩崎の作品や他の作品まで、様々な作品を含みます。

●現在、ヌード芸術の上演会場については、上記の通り、条件の揃った女子寮や女性専用シェアハウスに限っております。男性は、原作者の岩崎や事前申込者以外は参加不可となっております。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ご連絡は以下のメールアドレスまでどうぞ。

◆岩崎純一個人宛
iwasaki-j@iwasakijunichi.net
 岩崎のみに届き、岩崎が返信します。ご相談、ご質問、私信など。
【学生の皆様へ】各大学での岩崎の講義のレポート課題などは、上記アドレス宛にご提出下さってかまいません。(大学・教務側で提出先の指定がある場合を除きます。IJAIスタッフでありつつ岩崎の講義を受けている学生も同様です。)

◆研究所宛
office@iwasakijunichi.net
 研究所本部と上記の岩崎のアドレスに届き、岩崎またはスタッフが返信します。学術関係のご連絡、仕事のご依頼など。

メールフォームもご自由にお使い下さい。(岩崎のみに届き、岩崎が返信します。)

【お願い】岩崎や研究所からの返信メールが未達の方は、再送いただくか、別の方法(下記のSNSのメッセージ機能など)でお送り下さい。『全集』第一巻もご参照下さい。

岩崎純一学術研究所(岩崎純一)のSNSアカウントページ

 メッセージ機能でご連絡可です。


Twitter
Twitter
(岩崎個人)


Twitter
Twitter
(研究所事務局)


YouTube
YouTube
(岩崎、研究所)


Facebook
Facebook
(岩崎、研究所)


mixi
mixi
(岩崎個人)


Sketchfab
Sketchfab
(岩崎、研究所)


OneDrive
OneDrive
(岩崎、研究所)

システム情報(主に『全集』第七巻で解説)

■岩崎純一CMS
(IJCA・IJCWの統括管理・総合編纂のためのコンテンツ・マネジメント・システム):
正常稼働中

◆『岩崎純一全集』編纂局システム:正常稼働中

◆女性専用ウェブスペース(女性局が担当、岩崎が構築・パトロール)正常稼働中

◆連携女性専用施設の閲覧室の管理・閲覧システム(女性局が担当、岩崎が構築・パトロール)正常稼働中