手作業翻訳版 - 総合トップ 日本語 English 中文 한국어サイトの全メニューを表示
岩崎純一のウェブサイト > 精神病理学・精神疾患研究 > 精神疾患の分類
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

精神疾患の分類

DSM-5 2013年7月15日
 アメリカ精神医学会が2013年5月に新たなDSM(バージョン5)を発表したため、以下の情報には最新ではない箇所があります。
 訳語がまだ議論されている段階ですので、このページの改訂もまだ先になる予定です。

↓↓↓

2014年5月28日
 訳語の指針が日本精神神経学会により発表されました。以下のガイドラインや私が書いたブログなどをご参考に、適宜読み替えて下さいますようお願い致します。

DSM-5病名・用語翻訳ガイドライン(日本精神神経学会)
https://www.jspn.or.jp/activity/opinion/dsm-5/

「アスペルガー症候群」の廃止や「学習障害」などの名称変更で思うこと(私のブログ記事)
http://iwasaki-ningengaku.sblo.jp/article/98444468.html



■世界保健機関(WHO)、アメリカ精神医学会(APA)、国立生物工学情報センター(NCBI)による最新の分類と見解(ICD-10、DSM-IV-TR、OMIM)
■上記のうち、私が重視する概念(日本人に固有または顕著な精神様態・文化依存症候群)

↓関連するページ
私のサイト訪問者の具体例一覧
私の考え・思い・持論
岩崎式日本語



世界保健機関(WHO)アメリカ精神医学会(APA)国立生物工学情報センター(NCBI) による最新の分類と見解(ICD-10、DSM-IV-TR、OMIM)

器質性精神障害
精神作用物質による精神・行動障害
統合失調症・妄想性障害
気分障害
不安障害・恐怖症・強迫性障害・心的外傷後ストレス障害(PTSD)
身体表現性障害
解離性障害
適応障害
摂食障害
睡眠障害
性関連障害
人格(パーソナリティー)障害
知的障害
発達障害
小児期・青年期の行動・情緒障害

【私が持っている感覚】
共感覚(現在のところ障害・疾患ではなく感覚様態とされ、疾病分類への掲載が世界的に見送られている。国内外の共感覚専門研究家においては、精神疾患扱いする動きは皆無と言ってよい。むしろ、精神医学界において意見の相違が見られる。)
絶対音感(病理扱いされず、疾病分類にも未記載。俗的には「西洋音階聴解のための後天的能力」と解される。特に我が国と韓国・中国の家庭において、子どもへの絶対音感教育が競われ、著しく教育産業化・商業化されている。)
閃輝暗点(神経系疾患だとされている。)


■上記のうち、私が重視する概念(日本人に固有または顕著な精神様態・ 文化依存症候群

 私は個人的に、以下の精神様態を文化的・社会学的・宗教学的側面から肯定的に扱うとともに、呼称の日本における条件付き復活を望んでもいる。世界的には「精神疾病分類のアメリカ・ワンメイク化」が推進される動きにあり、上記のICD-10とDSM-IV-TRは近い将来に統合される可能性がある。日本の精神医学者・精神医療従事者の多くも、様子見をしつつもこの潮流に同調しているが、私はこれとは別の立場から、日本人・世界の先住民族・子どもの心と文化とを重視した人間学を模索したく思う。

●五感の融合・交感(共感覚にほぼ同じ。私は、全ての乳幼児はこの状態で出生し、日本人・先住民族ほど温存してきたとの論を講演・著書などで展開している。)
巫病(離人、健忘、遁走、麻痺、脱失、憑依、転換、昏迷)
(これらは、現在でも沖縄・韓国・台湾・中国・東南アジアなどの巫女・巫堂(ムーダン)・シャーマンの思春期に見られるが、米精神医学会の見解により、解離性障害や統合失調症の一群に組み込まれた。)
人見知り  ●あがり症  ●赤面症  ●対人恐怖  ●視線恐怖  ●社会恐怖  ●会議恐怖  ●雑談恐怖
(これらは、社交不安障害・SAD・パニック障害・回避性人格障害などとして呼称のグローバル化と診断の操作主義化が推進されているが、脳神経学的観測・人類学的調査では日本人に偏向して顕著であるとの結果が出て、米国では精神医学界よりも文化人類学・文化心理学界で議論中。うち「対人恐怖症」だけは、日本民族に固有であるか、または偏向している文化依存症候群と認められた。)
広場恐怖  ●閉所恐怖  ●高所恐怖  ●先端恐怖
神経症(欧米と日本の精神医学は当概念をすでに放棄。これに含まれていた精神疾患は「障害」に統一。日本の臨床・診断での使用の放棄も間近。)
不定愁訴
心気症心身症(身体表現性障害)自律神経失調症 (WHO・APA・日本の精神医学は、前者二つを順に精神疾患(精神科)、身体疾患(心療内科)とする。ただし、ICD-10では共にF群である。にもかかわらず、自律神経失調症は、ICD-10ではG群であり、DSMは定義さえしていない。また、これら三者は、日本の精神科・心療内科にかかると、しばしば適応障害の診断を付与される。私のサイトに訪問した患者を見る限り、これら三者には何の区別もない。どれか一つに絞るか、日本的名称を新設して独自運用すべきものと思う。)
醜形恐怖、醜貌恐怖、身体醜形障害 (顔面の場合は醜形恐怖か醜貌恐怖、全身の場合は身体醜形障害と呼ばれる。西洋では19世紀、日本では1990年代に急増。民族と文化圏により発症率に著しい差異がある。モデル・アイドル市場の加熱や美容整形ブームに伴って形成された「美人像」と自身の比較や、幼少期における自身の容姿の被攻撃体験から多大な影響を受けて発症する。)
季節性情動障害 (緯度、日照時間、四季の変化、天候、住居の素材と構造などによって発症率が異なる。主に冬期と雨期に悪化する。日本では古くから知られる「情動変化」にすぎないが、温暖な地中海圏及び米国の医学の見解では神経症ではなく精神障害・脳機能障害である。私は、「障害」が「変化」に置き換わるよう望んでいる。)
場面緘黙症
●「はにかみ、はじらい、しとやかさ、鬱、いき(粋)、まじめ、まめやか、けなげ、几帳面」など、現代日本競争社会で嫌悪されがちなこれらの精神様態を、私は肯定して扱いたい。