手作業翻訳版 - 総合トップ
日本語 English 中文 한국어

当サイトの文字数、コンテンツ数、ページ数
※ スマホ、ケータイ向けレイアウトの初期設定では、「▼現在のページの本文」タブのみ開いております。

岩崎式言語体系ペディア (ISReLangs-pedia) - The encyclopedia and manuals of Iwasaki's Conlang - : 岩崎純一のウェブサイト
サイトレイアウト切り替え
  • 主にデスクトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にラップトップ向けのレイアウトに切り替える
  • 主にタブレット向けのレイアウトに切り替える
  • 主にスマートフォン向けのレイアウトに切り替える
  • 主に旧型モバイル向けのレイアウトに切り替える
ページ内移動

岩崎式言語体系に独自の文法概念 (The grammatical codes peculiar to ISReLangs)
→ ●全ての概念と略記の一覧はこちら (The list of all condensed codes)


Ga
Ga(SHIN) :=真我:  Ga(KU) :=空我 -- Ga(ZEN) :=前我 -- Ga(GI) :=擬我 -- Ga(SHO) :=初我 -- Ga(KUSHIKI) :=空識間我 -- Ga(SHIKI) :=識我 -- Ga(SHIKI-GU) :=識具間我 -- Ga(GU) :=具我 -- Ga(GU-KYU) :=具及間我 -- Ga(KYU) :=及我 -- Ga(KYU-KI) :=及希間我 -- Ga(KI) :=希我 -- Ga(KI-NO) :=希能間我 -- Ga(NO) :=能我 -- Ga(NO-I) :=能意間我 -- Ga(I) :=意我 -- Ga(I-KATSU) :=意活間我 -- Ga(KATSU) :=活我 -- Ga(KATSU-SHU) :=活主間我
Ga(SHU) :=主我:  Ga(SHU1) :=主我1 -- Ga(SHU2) :=主我2 -- Ga(SHU3) :=主我3 -- Ga(SHU4) :=主我4 -- Ga(SHU5) :=主我5
Ga(SHIN)-Con :=真我連続体Evo(SHIN) :=真我進化、真我エボリューションRet(SHIN) :=真我遡及、真我レトロアクションPromo(SHIN) :=真我昇階、真我プロモーションDemo(SHIN) :=真我降階、真我デモーションLand(SHIN) :=真我踊り場滞留、真我ランディング
格詞
KA
KA :=格詞

Cases
ZE, ZET, ZETTAI :=絶対格
SHIN :=真格:  KU :=空格 -- ZEN :=前格 -- GI :=擬格 -- SHO :=初格 -- KU-SHIKI :=空識間格 -- SHIKI :=識格 -- SHIKI-GU :=識具間格 -- GU :=具格 -- GU-KYU :=具及間格 -- KYU :=及格 -- KYU-KI :=及希間格 -- KI :=希格 -- KI-NO :=希能間格 -- NO :=能格 -- NO-I :=能意間格 -- I :=意格 -- I-KATSU :=意活間格 -- KATSU :=活格 -- KATSU-SHU :=活主間格
SHU :=主格:  SHU1 :=主格1 -- SHU2 :=主格2 -- SHU3 :=主格3 -- SHU4 :=主格4 -- SHU5 :=主格5
SHIN-Con :=真格連続体CS :=真格交替Pre :=プレ格Post :=ポスト格EgoMA :=格配列出力関数
言語
Langs
SHIN-L :=真格言語:  KU-L :=空格言語 -- ZEN-L :=前格言語 -- GI-L :=擬格言語 -- SHO-L :=初格言語 -- KU-SHIKI-L :=空識間格言語 -- SHIKI-L :=識格言語 -- SHIKI-GU-L :=識具間格言語 -- GU-L :=具格言語 -- GU-KYU-L :=具及間格言語 -- KYU-L :=及格言語 -- KYU-KI-L :=及希間格言語 -- KI-L :=希格言語 -- KI-NO-L :=希能間格言語 -- NO-L :=能格言語 -- NO-I-L :=能意間格言語 -- I-L :=意格言語 -- I-KATSU-L :=意活間格言語 -- KATSU-L :=活格言語 -- KATSU-SHU-L :=活主間格言語
SHU-L :=主格言語:  SHU1-L :=主格言語1 -- SHU2-L :=主格言語2 -- SHU3-L :=主格言語3 -- SHU4-L :=主格言語4 -- SHU5-L :=主格言語5

Gen
G :=言:  Gb, b :=心描言Gk, k :=抽化言Gs, s :=抽出言Gm, m :=未然言Gi, i :=已然言
燈詞
TO
TO :=燈詞
我燈GATO Ga :=我燈:  GaD・Ga♂ :=男我燈GaJ・Ga♀ :=女我燈GaM・GaM♀ :=巫女燈GaK :=神燈GaH :=仏燈
Ga(1/1) :=単我燈Ga(1/m1) :=複我燈MetaGa(n-mn) :=超我燈MetaGa(1/1, 2/1,…n/1) :=超単我燈MetaGa(1/m1, 2/m2,…n/mn) :=超複我燈Ga[1/{Ga(1-1)+ Ga(1-2)+…+Ga(1-m1)}+…+n/{Ga(n-1)+ Ga(n-2)+…+Ga(n-mn)}] :=多我燈
我名詞
GaN
GaN :=我名詞

Se
Se :=文:  Se(1/1) :=単我燈文Se(1/m1) :=複我燈文MetaSe(n-mn) :=超我燈文MetaSe(1/1, 2/1,…n/1) :=超単我燈文MetaSe(1/m1, 2/m2,…n/mn) :=超複我燈文Se[1/{Ga(1-1)+ Ga(1-2)+…+Ga(1-m1)}+…+n/{Ga(n-1)+ Ga(n-2)+…+Ga(n-mn)}] :=多我燈文
Se(N-KOTO) :=「コト」文Se(N-MONO) :=「モノ」文Se(C-JPa-TO) :=「ト」文Se(N-KOTO→φ), Se(N-KOTO--E) :=「コト」抜き文Se(N-MONO→φ), Se(N-MONO--E) :=「モノ」抜き文Se(C-JPa-TO→φ), Se(C-JPa-TO--E) :=「ト」抜き文Se(N-KOTO<.>φ), Se(N-KOTO-L-E) :=「コト」半ば文Se(N-MONO<.>φ), Se(N-MONO-L-E) :=「モノ」半ば文Se(C-JPa-TO<.>φ), Se(C-JPa-TO-L-E) :=「ト」半ば文
その他の記号
etc.
:=繰り返し記号、踊り字


岩崎式言語体系および寿羅穂里阿文明に独自の哲学・思想・文明概念 (The philosophical concepts peculiar to ISReLangs and SuFoC)
→ ●巫女以外(主に精神障害女性)が創作した従来の文明概念の一覧はこちら (Sura Foriya Civilization)

現役巫女らおよび岩崎による巫女神道文明としての創作
現役巫女らの執筆記事

現役巫女らおよび岩崎による岩崎式日本語の新用語の提案
現役巫女らが提案し、岩崎が了承
岩崎が主唱、従来の精神障害女性が執筆

岩崎純一が考案した文法概念(仏教哲学的)の、現役巫女らおよび岩崎による寿羅穂里阿神道(巫女神道)への適用
現役巫女らが提案し、岩崎が了承

寿羅穂里阿神道の用語・概念
現役巫女らが提案し、岩崎が了承

寿羅穂里阿仏教の用語・概念
現役巫女らが提案し、岩崎が了承

現役巫女らおよび岩崎による既存の文明概念への追記
現役巫女らが追記


岩崎式言語体系および実験的文明の基礎データ (Basic data of ISReLangs and SuFoC)

岩崎式言語体系
考案者岩崎純一
言語岩崎式日本語
系統日本語族(最類似言語は、平安日本語、瀬戸内海沿岸・島嶼地域方言、水海道(現常総市)方言、台湾原住民諸語、アイヌ語、バスク語、アメリカ先住民言語、ピダハン語、ヤノマミ語など)
表記漢字仮名記号混じり
形態膠着語(こうちゃくご)
優勢要素主題優勢言語
文法格非主格・非対格型
語順SOV型
種別符牒型・思想型の芸術言語・後験語
使用者岩崎純一、巫女・シャーマン・巫覡・巫堂、性被害・DV被害女性、統合失調症・気分障害・不安障害・恐怖症・強迫性障害・PTSD・身体表現性障害・解離性障害・適応障害・性関連障害・発達障害などを抱える者
使用者人口10~15名
用途日記、手記、創作物語、手帳、予定表、カレンダーのメモ、考案者とのメール、性被害・DV被害などに伴う刑事・民事訴訟の秘密裏の準備草稿
目的考案者である岩崎純一の哲学的思索の充実と知的欲求の満足、岩崎と巫女・シャーマン・巫覡・巫堂との交流、性被害・DV被害女性らによる(一般の現代日本語を解する)加害者に対する日常生活の隠蔽や非暴力的な翻弄・反駁、岩崎と精神障害者との交流と精神病理学に関する各種検証、文芸結社や理想郷(宮沢賢治のイーハトーブなど)の実践
考案者に事故あるとき使用者が継承・管理
使用者に事故あるとき考案者と残る使用者が継承・管理

寿羅穂里阿文明
文明設定寿羅穂里阿文明(スラポリヤ・スラフォーリアぶんめい)、または岩崎式日本語文明
文明語設定岩崎式日本語
現実社会における文明・言語の創作場所岩崎純一(原作者)の自宅、参加者の自宅・避難シェルター・寮など(性被害者・解離性障害者・DV被害者など)、巫女らの自宅や神社
現実の社会・政治・文化・宗教などに対する立場と態度民法上の組合または任意団体、哲学的結社、文芸団体、非政治・非宗教団体、遵法精神、右傾化・左傾化両極への批判精神
類似文明上代~現代日本の文明、古代文明、タイヤル、アイヌ、エヴェンキ、ヤクート、ユカギール、バスク、ピダハン、ヤノマミ、インディアン(ナバホ、イロコイなど)など

哲学言語・仏教哲学・日本神道・文明論の総合的思弁体系、「岩崎式言語体系」・「寿羅穂里阿文明」の百科事典へようこそ

 ●岩崎式日本語の議論ノート

第五期岩崎式日本語に向けて

Iwasaki's System of Reconstructing Languages (ISReLangs) Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP)Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP) Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP)Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP) Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP)Iwasaki's System of Reconstructing Japanese (ISReJP) Sura Foriya CivilizationSura Foriya Civilization Iwasaki's System of Reconstructing English (ISReEN) Video brochureVideo brochureVideo brochure Algorithm of ISReLangs J.Iwasaki - The founder, contriver and producer of ISReLangs 日本史と寿羅穂里阿文明との関係 寿羅穂里阿神道 神道・仏教研究
The ISReJP research team in Tokyo University of the ArtsThe ISReJP research team in Tokyo University of the Arts